SUNからのお知らせ
『ヒゲ脱毛で失敗しないための方法』トラブル例も紹介します。

ここ最近では男性もヒゲだけでなく脱毛を経験されている方が急増しています。

特に男性のヒゲ脱毛は人気で、

理由としては『朝が楽になる』早く終わる』『手軽に通える』『料金が安い』といった4つの理由で人気です。

ヒゲ脱毛ユーザーが増えている一方、脱毛に関するトラブルも年々増加しています。

ヒゲ脱毛を失敗しないようにするためには、いくつかポイントがあります。

そこで今回は『ヒゲ脱毛で失敗しないための方法』をトラブル例も交えながら紹介していきます。

  • ヒゲ脱毛のリスクが怖い・・・
  • 失敗しないための方法ってあるの?
  • 「火傷しない為の管理方法はあるの?」

SUN

ヒゲ脱毛について調べていくうちに火傷や肌トラブルのリスクでなかなか通う事を躊躇っている男性もいらっしゃると思います。確かにヒゲ脱毛には稀にリスクがあります。しかし、トラブルの原因を理解し、自己管理をしていれば危険性を減少させる事が出来ます。

ヒゲ脱毛の失敗例・トラブル例

①効果が感じられない、毛が生えてきてしまった

ヒゲ脱毛を行っているのになかなか効果が出なかったり、一度抜けた毛が生えて来ることがあります・

結論から言うと、これは失敗と言うより脱毛の出力不足の問題です。

エステサロンで行う脱毛は光脱毛を採用しており、

この光脱毛は回数を重ねていく毎に効果を増していきます。

ヒゲ脱毛の場合、おおよそ10回ぐらいを目安に確実に効果を実感できるようになるのですが、

効果を感じるまでに20回以上かから場合は出力をあえて弱くして、来店回数を増やす意図があるお店があります。

SUN Ladies
月額制のプランや、回数コースのプランで脱毛店は少し注意が必要です!

最短で効果を求めたい場合は医療レーザー脱毛などをチョイスすようにしましょう。

②ニキビや毛嚢炎が出来てしまう

脱毛施術後は、乾燥や熱のダメージにより、肌に出来物が出来やすくなってしまいます。

その中でよく出来てしまうものがニキビや毛嚢炎です。

ニキビや毛嚢炎って?

脱毛時に起きる、熱のダメージにで肌のバリア機能が弱くなります。そのことによって毛穴から雑菌が入りこみやすくなります。炎症が起きることにより出来てしまうものが毛嚢炎です。

毛穴の周囲が赤くなり痛みを感じたり、ニキビになることもあります。

ニキビや毛嚢炎にならないようにするには、肌を清潔に保つことが大事です。

顔を手で触らないようにすること、顔に触れるものは清潔に保つことも重要です。

SUN Ladies
保湿なども重要ですので、乾燥しないようにしましょう!

③火傷をしてしまった

出力の問題を先ほど書きましたが、出力が強すぎるとトラブルもになることもあります。

医療レーザー脱毛は脱毛効果は高いですが、その分肌への負担も大きくなります。

 

脱毛施術時の『熱』が火傷の原因

レーザー脱毛も光脱毛も、照射の出力には差があるものの「毛根に熱を加える」という方法で脱毛をおこないます。

身体の一部分を熱による刺激を与える以上、

肌が敏感な状態になっている方や小麦色の肌にも異常に反応してしまう可能性があります。

 

このような脱毛施術にかかる『熱作用』により施術時何らかの原因でやけどをする可能性があるといえます。

 

脱毛の火傷の特徴

一般的なやけどは、肌にすぐ赤みが出たり皮がめくれたりするのが多くあります。

その為、比較的症状にすぐ気づきやすいのが特徴です。

 

しかし、脱毛によるやけどの場合、目に見えない毛穴を中心にでてしまうため一般的なやけどより気づきにくいケースが多いです。

 

『火傷かも?!』と脱毛直後に思った時の対処方法

脱毛後に赤みやほてりが出ることは実によくあります。しかし、それが自己判断により火傷を発見できず長期放置してしまうことで悪化を招くこともあります。

 

SUN
ここでは、脱毛後に「火傷かも?!」と判断できるレベルの目安などをご紹介します。

 

火傷によるあかみがでた時の応急処置

 

施術後すぐに思った場合は、まず患部を20分ほど冷やしましょう。

しかし、保冷剤や氷などで急には冷やさず濡れたタオルで冷やす方法がオススメです。

 

その後、赤みがすぐにひいたら様子を見る事が良いでしょう。

しかし、なかなかほてりやあかみが取れない場合はすぐに医師に相談して適切な治療を受けます。

また、施術後しばらく時間が経ってから気づいた場合も、医師に相談して治療を受けても問題はありません。

 

脱毛による火傷の自己治療は危険な可能性も…

1番危険なのは、自分で調べて行う自己治療です。

目に見えない毛穴の炎症なので自己判断は危険な場合もありますので気をつけましょう。

放置して治ったとしても、消えにくい痕が残るや次の脱毛時に痛みを発する事もあるので思って以上に深刻なダメージを残す可能性もあります

。また、水疱ができた場合はできればつぶさずにおいた方が、治りが早くなりますしきれいに治すことができます。

 

SUN
出力が強いのも良し悪しです。自分にあった脱毛方法を選ぶようにしましょう。

④色素沈着が起きてしまった

稀に脱毛後に肌が黒ずむなど色素沈着が起きてしまうことがあります。

これは炎症から肌を守るために、メラニン色素が分泌されることが原因です。

脱毛後は色素が定着してしまうので、炎症を冷ますために保冷剤などを使って冷ますようにましょう。

 

⑤痛みが強くて続けられない

 

脱毛は痛みを伴う施術です。ましてや脱毛効果が高い方法で施術をするとなると、痛みも倍増します。

施術時間も長いので、通い続けられなかったと言う人も多くいます。

 

脱毛が初めての人は、いきなり契約はせず、

無料トライアルや、都度払いのシステムのあるお店やクリニックをおすすめします。

 

まずは一回やってみて、続けられるかどうかを判断するのが安心です。

 

SUN Ladies
痛みは部位や感覚によってもそれぞれ感じ方が違うので、まずはどれくらいの痛みなのかを感じてみましょう。

ヒゲ脱毛を失敗しないための自己管理方法

脱毛サロン・クリニックなどでは、脱毛のプロが施術を行うため火傷のリスクはごく稀ではあります。

しかし、肌は敏感な細胞な為脱毛を行うお客さまの自己管理によってリスクをさらに減らす事が出来ます。

 

日焼けをしない事が1番重要

脱毛施術期間中の最大のリスクを減らす方法は『日焼け対策』です。

 

上記でも脱毛前に日焼けをすると、リスクが高まるとご説明しましたが、施術後と次の予約までの期間も日焼けをするのもよくありません。脱毛後の日焼けによって、本来火傷のリスクがない状態からやけどに進行してしまったケースもあります。

 

男性はあまり日焼け止めを付ける習慣がないかもしれませんが、脱毛施術期間だけは念入りにする事で安心して通う事とツルツルな状態に完了します。

 

化粧水・乳液で肌のコンディションを整える事

脱毛にかかる熱作用によって、一時肌は脱水状態に陥ります。

 

その為肌のコンディションを良好にしておく為に、化粧水や乳液を付ける事で脱水状態から改善されていきます。

こちらも日焼け止め同様、使う機会が少ないかもしれませんがしっかりと朝・夜と保湿を行いましょう。

 

ヒゲ剃りを丁寧にし、傷をつけない事

髭剃りを行う際も注意が必要です。

しっかりと剃りたいが為に、カミソリやシェーバーを肌に押し込むような剃り方は肌を傷つけている可能性がとても高い剃り方です。

 

肌を引っ張り、押し込まないよう丁寧にヒゲを剃る事で、目に見えない傷を防ぐ事が出来ます。

 

まずは適度に薄くする「減毛」から始めよう

ヒゲを完全にツルツルにすることに少しでもためらいがあるのなら

まずはヒゲの量を減らす・薄くすることを目的として「減毛」から始めるのがおすすめです。

 

適度に薄くしてみて、それからどうするかを考えるといいでしょう。

やっぱりツルツルにしたいのなら再度脱毛に通えばいいですし、部分的に脱毛すればデザインヒゲにすることもできます。

 

SUNでも、「ツルツルにせずに毛の量を減らす」ことは可能ですので、事前にカウンセリングで相談してみてください!

 

お客様1人1人に対しての光照射を調節

SUNの体毛改善の1つの試みとして、お客様1人1人に対してどのくらいの出力で光照射を与えるのかをスケジューリングで提案します。

 

本来、光照射の強さ弱さは今までの脱毛サロン・クリニックでは提示する事はありません。しかし、どのくらいで効果を自分にされているのかと疑問を抱きながら通う事で不信感が現れてしまうという内容を良く耳にする事からこのような取り組みを行っています。

 

例えば『日焼けをしているため今回は少し弱めで行います』や『徐々にヒゲが薄くなっているのでいつもより強めの照射の方が効果があります』などと来店の度にお客様に適した施術を行います。

 

光脱毛は医療脱毛に比べて痛みが少ない

医療脱毛で行うレーザー脱毛の施術はかなり痛みが強く傷みに敏感な男性が通う事はとても大変です。

光脱毛の方が痛みが少なく、気軽に通える点がメリットとしてあります。

 

さらに、SUNで使用する脱毛機には『痛みを軽減できる冷却機能』が備えついている為さらに痛みを感じにくい事が実証されています。

痛みを感じにくいにも関わらず脱毛効果は業界トップクラスなので最短で完了する事が出来ます。

 

SUNの予約は24時間対応しております。

面倒な入力などは一切なく自分のLINEのみで受付可能です。

下記の【ご予約はこちら】をクリックし、LINEに切り替わりますので登録をしてください。

 

 

ヒゲ脱毛はリスクを理解して安全に通う事が大事

Memo

【1】脱毛期間中は『日焼けは厳禁』

【2】肌のコンディションを整える為『保湿は絶対』

【3】医療脱毛より光脱毛の方が『安心で痛みが少ない』

脱毛にかかるリスクは少なからずあります。その中でも火傷は自分判断での治療は難しいため自己管理とお店選びでかなり変わってきます。

 

SUNで行う体毛改善ヒゲ脱毛は、そのようなリスクを最小限に抑えた内容になる為安心して通う事が可能です。

Twitterでフォローしよう