SUNからのお知らせ

この記事では『ヒゲ脱毛はのトラブルとリスク』について解説していきたいと思います。

  • 「ヒゲ脱毛のリスクはあるの?」
  • 「ヒゲ脱毛で火傷になったという口コミを見たから怖い…」
  • 「火傷しない為の管理方法はあるの?」

 

SUN

就職活動をしている前だからこそ、今の男性はヒゲ脱毛をしている事がとてもメリットになります。

ここ最近では男性もヒゲだけでなく脱毛を経験されている方が急増しています。特に男性のヒゲ脱毛は人気で、理由としては『朝が楽になる』早く終わる』『手軽に通える』『料金が安い』といった4つの要素があります。

 

しかし、ヒゲ脱毛について調べていくうちに火傷や肌トラブルのリスクでなかなか通う事を躊躇っている男性もいらっしゃると思います。結論をお伝えすると確かにヒゲ脱毛には稀にリスクがあります。しかし、ちゃんとトラブルの原因になりやすい特徴と自己管理をしていれば危険性を減少させる事が可能です。

 

『ヒゲ脱毛のリスクが怖い』と思う方もいると思いますので、ヒゲ脱毛によって火傷や肌トラブルを起こしやすい特徴や自己管理方法を脱毛に通う前に是非目を通してください。

 

SUNの体毛改善ヒゲ脱毛なら、最短6回6ヶ月で無精髭などからツルツルになる事が可能です。『ヒゲ脱毛を早く終わらせたい!』という男性は下記も参考にしてください。

ヒゲ脱毛で火傷・肌トラブルになりやすい特徴

ヒゲ脱毛について調べてみると、火傷や肌トラブルの危険性を目にする事があります。確かに脱毛でやけどしてしまうことはあります。可能性としてはかなり低いものの、脱毛でやけどを負った実例は存在します。報告されているんです。

 

では、なぜヒゲ・顔の脱毛で火傷などになりやすい特徴や施術内容をまず解説していきます。

肌を日焼けしている・もともと肌が黒い方

脱毛施術における光脱毛やレーザー脱毛は、『黒いもの』に反応し脱毛効果を得る事が出来ます。

 

日焼けしている方やもともと肌が黒い方は、皮膚のメラニンが多いため脱毛の光にも強く反応しやすい特徴があります。そのため、照射時の出力が強めの設定をしている状態だと火傷による赤みや水ぶくれなどになってしまう可能性があります。

 

施術前に日焼けを過度にしてしまったなどの場合は無理に施術を受けず、予定を変更してもらうなどの方法も検討しましょう。中には、せっかく来店しても施術が行えないと断られるケースもありますので『このくらいの日焼けは大丈夫?』と思ったらスタッフに確認する事がオススメです。

 

無理に施術をしてしまっても、火傷になる可能性が高いことや痛みを軽減する為に出力を抑える事で期待した脱毛効果が得られないのでコスパが悪くなる事もあります。

肌が乾燥している

乾燥肌の方はもともと刺激に敏感ですので脱毛の照射にも過敏に反応してしまう状態です。

 

痛みを軽減させる為に、出力を低めにしてもらうなどの方法もありますが、火傷の危険性は少なからず残ってしまいます。最近では、メンズコスメなども数多くあるので事前に乾燥を防ぐ事をしましょう。

 

他にも、レーザー脱毛で行う麻酔クリームを使っている場合にも火傷の恐れは存在します。痛みが軽減され無痛になるの、自分に合った出力以上の強さで施術を受けていても気づかなくなることが稀にあります。しかし、レーザー脱毛はかなり痛みが強いので麻酔なしでは耐えられない事も多いのでスタッフと相談しながら施術を受けるようにしましょう。

 

ヒゲ脱毛による火傷や水ぶくれなどの肌トラブルになりやすい方の特徴になります。上記のような特徴や施術を受ける際は注意が必要になります。

脱毛と火傷・肌トラブルの関係性とは?

では、なぜ脱毛により火傷による水ぶくれや赤みなどの原因になってしまうのかを解説していきます。本来であれば、安全な脱毛の施術内容ですが稀に起きてしまう肌トラブルと脱毛の関係性を理解し、安心して通う事が大切です。

脱毛施術時の『熱』が火傷の原因

レーザー脱毛も光脱毛も、照射の出力には差があるものの「毛根に熱を加える」という方法で脱毛をおこないます。

 

身体の一部分を熱による刺激を与える以上、肌が敏感な状態になっている方や小麦色の肌にも異常に反応してしまう可能性があります。このような脱毛施術にかかる『熱作用』により施術時何らかの原因でやけどをする可能性があるといえます

脱毛の火傷の特徴

一般的なやけどは、肌にすぐ赤みが出たり皮がめくれたりするのが多くあります。その為、比較的症状にすぐ気づきやすいのが特徴です。しかし、脱毛によるやけどの場合、目に見えない毛穴を中心にでてしまうため一般的なやけどより気づきにくいケースが多いのです。

 

さらに、脱毛の施術直後は患部が体温が普段より高くなるなど油断して放置されやすいというデメリットもあります。脱毛後に必要な注意事項もしっかりと確認しておきましょう。

『火傷かも?!』と脱毛直後に思った時の対処方法

脱毛後に赤みやほてりが出ることは実によくあります。しかし、それが自己判断により火傷を発見できず長期放置してしまうことで悪化を招くこともあります。

 

ここでは、脱毛後に「火傷かも?!」と判断できるレベルの目安などをご紹介します。

火傷によるあかみがでた時の応急処置

施術後すぐに思った場合は、まず患部を20分ほど冷やしましょう。しかし、保冷剤や氷などで急には冷やさず濡れたタオルで冷やす方法がオススメです。

 

その後、赤みがすぐにひいたら様子を見る事が良いでしょう。しかし、なかなかほてりやあかみが取れない場合はすぐに医師に相談して適切な治療を受けます。また、施術後しばらく時間が経ってから気づいた場合も、医師に相談して治療を受けても問題はありません。

 

脱毛による火傷の自己治療は危険な可能性も…

1番危険なのは、自分で調べて行う自己治療です。目に見えない毛穴の炎症なので自己判断は危険な場合もありますので気をつけましょう。

 

放置して治ったとしても、消えにくい痕が残るや次の脱毛時に痛みを発する事もあるので思って以上に深刻なダメージを残す可能性もあります。また、水疱ができた場合はできればつぶさずにおいた方が、治りが早くなりますしきれいに治すことができるのです。

ヒゲ脱毛前に火傷の危険性をなくす自己管理方法

脱毛サロン・クリニックなどでは、脱毛のプロが施術を行うため火傷のリスクはごく稀ではあります。しかし、肌は敏感な細胞な為脱毛を行うお客さまの自己管理によってリスクをさらに減らす事が出来ます。

日焼けをしない事が1番重要

脱毛施術期間中の最大のリスクを減らす方法は『日焼け対策』です。

 

上記でも脱毛前に日焼けをすると、リスクが高まるとご説明しましたが、施術後と次の予約までの期間も日焼けをするのもよくありません。脱毛後の日焼けによって、本来火傷のリスクがない状態からやけどに進行してしまったケースもあります。

 

男性はあまり日焼け止めを付ける習慣がないかもしれませんが、脱毛施術期間だけは念入りにする事で安心して通う事とツルツルな状態に完了します。

化粧水・乳液で肌のコンディションを整える事

脱毛にかかる熱作用によって、一時肌は脱水状態に陥ります。

 

その為肌のコンディションを良好にしておく為に、化粧水や乳液を付ける事で脱水状態から改善されていきます。こちらも日焼け止め同様、使う機会が少ないかもしれませんがしっかりと朝・夜と保湿を行いましょう。

ヒゲ剃りを丁寧にし傷をつけない事

髭剃りを行う際も注意が必要です。しっかりと剃りたいが為に、カミソリやシェーバーを肌に押し込むような剃り方は肌を傷つけている可能性がとても高い剃り方です。

 

肌を引っ張り、押し込まないよう丁寧にヒゲを剃る事で、目に見えない傷を防ぐ事が出来ます。

SUNのヒゲ脱毛は肌トラブルが少ないから安心

脱毛による火傷のリスクを最小限に抑える事でヒゲ・顔脱毛の完了は早く安全に完了する事が出来ます。

 

さらにSUNで行う体毛改善を行う事で、最短6回6ヶ月でヒゲ・顔脱毛は完了する事が可能です。では、SUNが安全にヒゲ脱毛が行え、そんなんに早く完了できるのかを解説させて頂きます。

お客様1人1人に対しての光照射を調節

SUNの体毛改善の1つの試みとして、お客様1人1人に対してどのくらいの出力で光照射を与えるのかをスケジューリングで提案します。

 

本来、光照射の強さ弱さは今までの脱毛サロン・クリニックでは提示する事はありません。しかし、どのくらいで効果を自分にされているのかと疑問を抱きながら通う事で不信感が現れてしまうという内容を良く耳にする事からこのような取り組みを行っています。

 

例えば『日焼けをしているため今回は少し弱めで行います』や『徐々にヒゲが薄くなっているのでいつもより強めの照射の方が効果があります』などと来店の度にお客様に適した施術を行います。

光脱毛は医療脱毛に比べて痛みが少ない

火傷になりやすい特徴の中に「医療麻酔」という事を説明しました。SUNでは、光脱毛を使用しているため医療麻酔を使う事が出来ません。

 

しかし、医療脱毛で行うレーザー脱毛の施術はかなり痛みが強く傷みに敏感な男性が通う事はとても大変です。光脱毛の方が痛みが少なく、気軽に通える点がメリットとしてあります。

 

さらに、SUNで使用する脱毛機には『痛みを軽減できる冷却機能』が備えついている為さらに痛みを感じにくい事が実証されています。痛みを感じにくいにも関わらず脱毛効果は業界トップクラスなので最短で完了する事が出来ます。

 

SUNの予約は24時間対応しております。面倒な入力などは一切なく自分のLINEのみで受付可能です。下記の【ご予約はこちら】をクリックし、LINEに切り替わりますので登録をしてください。

 

ヒゲ脱毛のリスクを理解して安全に通う事が大事

Memo

【1】脱毛期間中は『日焼けは厳禁』

【2】肌のコンディションを整える為『保湿は絶対』

【3】医療脱毛より光脱毛の方が『安心で痛みが少ない』

脱毛にかかるリスクは少なからずあります。その中でも火傷は自分判断での治療は難しいため自己管理とお店選びでかなり変わってきます。

 

SUNで行う体毛改善ヒゲ脱毛は、そのようなリスクを最小限に抑えた内容になる為安心して通う事が可能です。

目的別の悩みのご提案

    新しい記事はありません

Twitterでフォローしよう