SUNからのお知らせ

この記事では『ヒゲ脱毛はのトラブルとリスク』について解説していきたいと思います。

 

  • 「ヒゲ脱毛の副作用によってはどんな事があるの?」
  • 「ヒゲ脱毛の副作用によって学校・会社に行けない事もあるの?…」
  • 「副作用が起きたらどうしたらいいの?」

 

SUN

就職活動をしている前だからこそ、今の男性はヒゲ脱毛をしている事がとてもメリットになります。

 

ここ最近では男性もヒゲだけでなく脱毛を経験されている方が急増しています。

特に男性のヒゲ脱毛は人気で、

理由としては『朝が楽になる』早く終わる』『手軽に通える』『料金が安い』といった4つの要素があります。

 

そんな要素を含めて、ビジネスマナーとしてや毎日を楽にしたいという方が多く通っていますが、

脱毛する事で副作用を考えてしまうとなかなか怖くなり通う事を躊躇ってしまいます。

 

『ヒゲ脱毛の副作用が起きたらどうしたら』と思う方もいると思いますので、ヒゲ脱毛によってを起こる副作用を脱毛に通う前に是非目を通してください。

 

SUNの体毛改善ヒゲ脱毛なら、最短6回6ヶ月で無精髭などからツルツルになる事が可能です。

『ヒゲ脱毛を早く終わらせたい!』という男性は下記も参考にしてください。

 

 

ヒゲ脱毛によって起こる10つの副作用とは?

まず、最初にヒゲ脱毛による副作用のリスクは必ず起こるものではなく一時的な事がほとんどで、数ある脱毛サロンやクリニックなら安心かつ安全な施術と説明をしてくれます。

 

必ず脱毛前にこの後起こる可能性のある副作用の説明が絶対にする義務がありますが、今後すっと残る後遺症ではないので過剰な心配や不安はする必要はありません。しかし、リスクや副作用の可能性は100%ないとは言い切れません!

 

リスクが少ないとえども、このようなリスクも考えられるという事を知った上で、納得し通う事が脱毛では大切です。

ニキビ・毛嚢炎による肌トラブル

髭脱毛の後にニキビが出来たり、ニキビに似た毛嚢炎という症状が出る事があります。脱毛をする事で、今まであった毛がなくなった事で毛穴が空洞になってしまい内部に細菌が侵入してしまう事があり起こる症状です。

 

ニキビの原因は、男性ホルモンが増える事で皮脂が過剰に分泌する事で起こるアクネ菌が原因ですが、毛嚢炎はブドウ球菌という肌本来にある常在菌が原因です。どちらも一時的な症状ですが、過剰な洗顔によって逆に皮脂が過剰に分泌してしまったり、ニキビを無理矢理とろうとする事で後が残る事もあるので適切なスキンケアをする事で大半は治ります。

脱毛後はドロボウ髭のようになる

脱毛直後は、肌がむくみやすく施術によって残った髭が毛穴に残ってしまう事がドロボウ髭になるという事です。最初は、『脱毛のミスなんじゃ?』と思いがちですが、日経つと毛穴に残った髭が自然に抜け落ちてくるので安心してください

 

どうしても気になる方は、対策としてマスクの着用などをして数日間だけ見えないようにする事が良いでしょう!気になりすぎて、必要以上に触ったり、負荷をかけすぎるような髭の剃り方をすると逆に上記の毛嚢炎のようなトラブルに発展する恐れがります。

カサカサした乾燥肌・肌荒れ

脱毛直後は、肌がデリケートな状態が続きます。肌の表面や内部の水分と油分のバランスが保ちにくいため乾燥肌になりやすいのでしっかりとしたスキンケアが必要です。

 

男性は皮脂が女性よりも多く分泌されますが、皮脂だけに頼り切っていると白い粉が吹いたりするので、石けんではなく皮脂をとりすぎない洗顔料や化粧水・乳液を使う事で乾燥しないキレイな肌になれます。

熱による赤み・炎症

髭脱毛は熱刺激を与える施術もあります。脱毛サロンやクリニックの脱毛の機械によってさまざまありますが、熱によって赤みや炎症が起こる可能性もあります

 

多少の肌のダメージは仕方ありませんが、しっかりと肌のクールダウンやスキンケアを当日行ってもらいましょう。

火傷による黒ずみ・炎症

脱毛は基本、毛の黒いメラニン色素に反応して細胞にダメージを与える事が主流になります。濃い方や肌が黒い方はその分脱毛器のレーザーなどが反応しやすく火傷のリスクが高まります

 

下記でも説明をしますが、脱毛をする前に日焼けをする事で火傷のリスクが高まってしまいます。特にクリニックで行う、レーザー脱毛やニードル脱毛という手法だと熱を与える事が強いため火傷のリスクが高まってしまいます。最悪、シミになるケースもないとは言えない為脱毛直前の日焼けは辞める事がオススメです!

毛穴に埋まる埋没毛

埋没毛は、毛穴が閉じてヒゲが埋まってしまう後遺症です。

 

一般的には髭剃りなどによる自己処理で起こりやすいですが、脱毛でも医療レーザー脱毛の副作用として起こる可能性があります。

今までより濃く見える硬毛化

硬毛化は、脱毛前よりもヒゲが濃く太く見えてしまうという副作用を言います。脱毛したのに濃くなったら逆効果ですが、硬毛化の詳しい原因は、いまだ明らかになっていない現状です。

 

脱毛行為によるレーザーなどによる刺激で毛根を活性化してしまい、太く濃い毛が生えてしまうことがあるそうです。ニードル脱毛・医療レーザー脱毛では強い熱エネルギーで脱毛する為起きにくく、逆にエステ脱毛・家庭用脱毛器などの弱目の刺激の方がなりやすいと今では言われています。

シミになってしまう色素沈着

色素沈着は、脱毛後のやけどのような状態になったあと、日焼け行為や熱作用によるメラニン色素が活性化して、色素沈着を起こしシミになりやすいことがあります。

 

特に、熱を与えるニードル・レーザー脱毛で起きやすく一時的なシミではなく慢性化してしまうとさらに医療行為が必要になってしまいます。

一時的な内出血

ニードル脱毛で髭脱毛を行った場合に内出血が起こることがあります。ニードル脱毛とは、毛穴に針を刺しそこに電流を流すこと脱毛行為です。

効果は高いですが、強い痛みや内出血の可能性があるため痛みが苦手な男性はやめましょう…。

傷口から感染症

さらにニードル脱毛で髭脱毛を行った場合に感染症のリスクもあります。毛穴に刺した針は、ほかの皮膚を傷つけてしまった場合に感染症や毛嚢炎に繋がります。

 

リスクや副作用だけ考えるとニードル脱毛は効果は高いけどオススメできません。痛みや副作用によって通いにくくなる恐れが極めて高いからです。

 

初めて髭脱毛をしたいと考えている男性が、リスクや副作用だけみると怖くてなかなか脱毛サロンなどに通うのを躊躇ってしまいやすいでしょう!しかし、このようなリスクは事前に対処することも可能です!次からは脱毛をする前の対策となってしまった後の対処法を解説します。

副作用が起きてしまった場合の対処法

「万が一副作用が起きてしまったら…」という男性の方の為にどのような対処をすることが1番良いのかを解説していきます。自己判断で行える事も出来ますが、ちゃんとした知識を持っていない事で副作用が長期化してしまう事もあるので気をつけましょう。

自己判断をせず、医師にまず相談する事

対策方法は色々ネットにも記載がありますが、一番オススメなのは医師と相談することです!特に、自分では症状の判断が難しい場合は間違った対処をしてしまうと逆効果や今以上に悪化することもあるからです。

 

皮膚科の医師に相談し「〇日前に脱毛した」という事実を伝えましょう!もしかしたら脱毛とは関係がないことでのトラブルかもしれませんが伝えることが重要です!もし、医療脱毛をしている、もしくは検討している方は医師免許を持っているので担当者に相談をするか病院を紹介してくれます。

患部を冷やす事

炎症・火傷の時に効果的な対処方です。応急処置としては冷やすことが有効です。

 

しかし、保冷剤や氷などを直接患部に当てることは辞め、水で冷やしたタオルを巻くようにしましょう!長時間過剰に冷やし過ぎてしまと、冷たすぎ逆効果になります。

処方された軟膏などの薬を塗布する事

ニキビ・毛嚢炎の時に効果的です。

ドラッグストアなどにあるワセリンやニベア、オロナインなども悪くはないとおもいますが、医者に相談して処方してもらった薬が一番です。自己判断より医師に相談することが大切です。

ヒゲ脱毛の副作用を回避する事前準備

本来ならヒゲ脱毛はそんなに危険な行為・施術ではありません。しかし、稀に副作用を起こしてしまう事があります。しかし、その副作用を起こさない為にも脱毛サロン・クリニックに通う前に事前に行っておく事で回避出来る可能性が高まります。

 

脱毛に通う事の前に確認をしておきましょう。

毎日のスキンケアで肌の状態を良好にする事

とってもシンプルなことですが、毎日のシャンプーや歯磨きと同じように、洗顔や保湿が大事です。髭脱毛で起こるトラブルやリスク原因は、肌の状態でかなり変わってきます!

 

上記の副作用の中のニキビや毛嚢炎、乾燥や肌荒れは正しい洗顔方法や化粧水・乳液で解決できます!特に保湿は大切です!男性は洗顔はしっかりするけど、アフターケアの化粧水や乳液を怠りがちです。理由として、ベタつくや面倒くさいと思いますが、清潔でキレイな肌には必要不可欠です。

過剰な日焼けをしない事

脱毛の直後と直前は日焼けをしないようにしましょう!やけどや色素沈着を起こさないためにも、日焼け対策が重要なので、夏は日焼け止めクリーム冬はマスクなどで対応しましょう!

 

特に脱毛に行く日の前後1週間気をつけることがいいでしょう!

髭を丁寧に剃る事

丁寧な髭剃りは、脱毛中の痛みに関わってきます。傷付いている状態で脱毛をすることで、細菌による炎症にも繋がります。

 

自分で剃る場合は、電動シェーバーで軽く押す程度が好ましく、T字カミソリなら髭を柔らかく保温してからクリームやジェルを使うことがいいでしょう!またしっかりとそれるメリットはありますが、逆剃りは皮膚にかなりの負担をかけてしまいます髭を剃ったらクリームなどを洗い流し、しっかりとスキンケアをしましょう。

脱毛以外で髭を抜く行為は避ける事

施術後の副作用のどろぼう髭の状態の時に、自分で無理に引き抜くこういをすると、毛嚢炎や細菌感染や埋没毛の原因になります。

 

毛抜きやピンセットなどで無理にヒゲを抜くことで皮膚が傷つき、細菌の侵入がしやすい状況になってしまいます。これは脱毛後はもちろん、脱毛をする前も控えましょう!

脱毛後は代謝を上げすぎない事

脱毛後は、肌に赤みがある時はいつもより皮膚体温が高い状態です。長い入浴や負荷をかける運動・暴飲暴食をする事で炎症を悪化させてしまう恐れがあります。

 

出来るだけ安静にすることが望ましいですが、過度なことをしないぐらいなら大丈夫です。

ヒゲ脱毛の副作用を理解して安心して通おう

Memo

【1】ヒゲ脱毛の副作用は少なからずある

【2】事前準備でリスクを抑えよう!

【3】知識を知っているだけでも安心して通える

脱毛にかかるリスクは少なからずあります。その中でも副作用によって自分判断での治療は難しいため自己管理とお店選びでかなり変わってきます。

 

目的別の悩みのご提案

    新しい記事はありません

Twitterでフォローしよう