SUNからのお知らせ
メンズ脱毛

この記事では『ヒゲ脱毛は新卒採用・転職におけるビジネスマナー』となる理由を解説していきたいと思います。

  • ヒゲが生えているとビジネスシーンでの印象ってどうなの
  • ヒゲを生えていても内定とれる?
  • ヒゲがあることで転職出来ないってことってあるの?

SUN

社会人の身だしなみとして、ヒゲは無い事がビジネスマナーです。髪型を整えるのと同じようにヒゲをしっかり剃るよりもヒゲ脱毛をする事がオススメです。

 

 

ヒゲ=おしゃれやかっこいいというイメージは、社会では通用しません。のちに年数を社内で年数を重ねるごとに生やしてもいい環境もありますが大体の会社は寛容的ではありません。

 

社会人になる前や転職活動を考えている方は参考にしてください。

 

髭を剃らない男性の会社員に対する評価は総じて低い!

SUN
髭を剃らない男性の新入社員へ対する評価は、上司からも、同性の男性社員からも、そして取引先からも評価が低いようです。

新入社員のうちはどんな理由でも髭を剃らないというのは避けた方がいでしょう。

 

ただ、入社して数年が経ち、自分に髭が似合っていて清潔感があれば、

髭を剃らないで生やしてもいいと思っている上司もいますが一般的には髭はNGという会社が多いのが実情です。

 

SUN Ladies
上司の考え方や先輩社員の身だしなみを確認しましょう。

 

ビジネスシーンで髭がないことのメリット

 

SUN
多くの企業が、髭に対して厳しいことはわかって頂けたと思います。

 

例えば新入社員や転職活動をしている人が髭を生やしたまま就職活動を行っていると、多くの場合内定を頂くのは難しいと思います。

SUN
就職担当の方に聞いても必ずヒゲは剃っている事と言われるでしょう。

 

しっかりと自己管理をしている事で相手に与える印象は全く違います。

ここでは髭脱毛を行いった場合の会社員のメリットをまとめていきます。

 

  • 自己管理ができていると好印象になる
  • 業種の幅が広がる
  • ヒゲがあることで転職出来ないってことってあるの

 

自己管理ができていると好印象になる

 

面接でヒゲを生やしたまま場合、面接官や上司から「きちんとしていない」「常識が守れていない」などの印象を与える可能性もあります。

 

きちんとした場面では、清潔感のある人の方が印象をよく与えるので清潔感と自己管理能力は外せない要素といえるでしょう。

 

業種の幅が広がる

絶対とは言えませんが、ヒゲがあっても問題ない業種はあります。

 

例えば、アパレルや美容師など個性を主張しても問題ない業種なら可能です。しかし、それはかなり幅を狭める就職活動になります。それ以外の営業や飲食業などの接客業ではヒゲがある事で威圧感や不衛生な印象が出る為整えていても適していません。

 

SUN
ヒゲがない事で、自分が働きたい業種の幅が広がりますので生やしていない事で可能性を広げられます。

 

髭剃りをする手間がなくなる

 

SUN Ladies
会社員の方は、1分でも無駄な時間を省きたいのが本音ですよね。

少しでも起きる時間を遅くしたい、髭剃りに無駄な時間を取られたくないという方も少なくないと思います。

 

髭脱毛を行うことでその時間や手間を省くことが出来ます。

 

新卒・転職の面接の6ヶ月前までがオススメの時期

 

新卒や転職活動中の面接時はとても忙しいです。

授業や仕事をしながら、自分の将来を決めるために仕事を探すため時間に追われる毎日を過ごします。

そんな忙しい時を過ごす前にヒゲ脱毛を始める事がオススメの時期と言えます。

 

大学生なら、1〜3年生までの間はゆとりが持てる時間があり、

転職を考えている方なら行動に移す前に通う事がオススメのタイミングです。

 

SUN Ladies
濃さや毛根の深さなどにもよりますが、6ヶ月以上通う事でヒゲ脱毛の実感がわかりやすいので逆算して通う事にしましょう!

 

どのような業種でもヒゲは無い方が絶対にいい

 

Memo

【1】自己管理ができていると好印象になる

【2】業種の幅が広がる

【3】忙しい就職活動の朝が楽になれる

 

基本的にどのような職種だとしても、ヒゲがない状態で清潔感を保つのが好ましいです。

 

にヒゲ脱毛を行う事でとてもスムーズに行動できることやストレスも感じなくなります。

 

目的別の悩みのご提案

    新しい記事はありません

Twitterでフォローしよう